2015年 07月 25日 ( 1 )
吾作の好きなニイニイゼミ
子どものころ「コゼミ」と呼んでいたニイニイゼミを調べると・・・
成虫の体長は20-24mm。頭部と前胸部の地色は灰褐色、後胸部と腹部は黒い。後胸部の背中中央には橙色の"W"字型の模様がある。
ん、3枚目の写真に確かに"W"字型の橙色があります。
野鳥だとスズメとよく似た存在で、身近で頭を撫でてやりたくなるセミです。
でも手をさしのべると、しゅっとオシッコを振りまいて飛んでいく。
またこれもアマガエルと同じでかわいい挨拶だ。
芭蕉さんの俳句「閑さや岩にしみいる蝉の声」は、立石寺という山寺で詠まれ、時期などから「蝉」とはニイニイゼミだそうですよ。
暑い夏のBGM、暫くはセミの合奏を楽しませてもらおう。

b0145296_15401875.jpg
b0145296_15402979.jpg
b0145296_15404059.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-07-25 06:00 | 吾作