美味しそうなエノキタケ
クルミの古木に大きなキノコが生えています。
美味しそうだけど何だろう?・・・エノキタケでした。
野菜売り場で見かける「えのき茸」と同じですが、あの白い細いのは清浄栽培したもので、もともとこれがエノキタケだそうです。
普通には「えのき茸」とかエノキダケと呼んでいますが、正式な名前はエノキタケだそうです。
ネットで調べると「野生のものは加熱すると粘りが出て、鍋物や炒め物・煮物に使われる」と書いてありました。

b0145296_09562323.jpg
b0145296_09563256.jpg
b0145296_09563749.jpg
b0145296_09564107.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-01-12 06:00 | 吾作
<< 榊原川に架かる橋 震えながら咲いたスイセン >>