菊の節句「重陽」です
今日9月9日は陽の数(昔、中国では奇数)が重なることから重陽(ちょうよう)といい、この日は大変めでたい日とされ祝ったそうです。
日本には平安時代に伝わり、菊の節句と呼んで宮中では観菊の宴が催されたそうで、秋の花見だったのでしょうか。
旧暦では今年10月28日ですから、菊の花も咲きますね。
新暦では菊はまだまだ、今田んぼの畦ではニラが白い花を咲かせています。

b0145296_911241.jpg
b0145296_9113538.jpg
b0145296_9114849.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-09 06:00 | 吾作
<< どんな「かかし」を作りましょうか ひと雨ごとの秋 >>