馬も食べないセンニンソウ
センニンソウ(千人草)は夏休みも終わる頃、薮(やぶ)にからまって白い花がを咲かせます。
綺麗な花にはトゲがある、センニンソウには毒がある、そのため牛や馬は食べない。
だから別名がウマクワズ (馬食わず)というんです。
青空をバックに自分で伸びようとするのもあれば、しっかり薮に絡まり「ここでいいの」と言っているセンニンソウもあります。
また昨夜は三日月さん、日暮れの西の山に綺麗に見えたので撮しました。
綺麗なお月さまにはトゲも毒もありません。

b0145296_1313184.jpg
b0145296_13131116.jpg
b0145296_13132179.jpg
b0145296_2212343.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-08-25 06:00 | 吾作
<< 古代米もやっと出穂 そこのけそこのけ吾作が通る >>