植物学者がブタナと名付けた
可愛い黄色い花を咲かせるブタナが爽やかです。
タンポポも似た花だからタンポポモドキの別名もあるけど、ブタナが学名です。
帰化植物で昭和の初め頃に発見されたもので、フランスでは豚が好んで食べることからブタナ(豚菜)と命名したそうです。
ちなみに原産のフランスでは豚のサラダ(Salade de pore)で、その直訳だとか。
もうちょっといい名前が付けられなかったのでしょうかね。

b0145296_15574024.jpg
b0145296_15575314.jpg
b0145296_1558467.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-07-18 06:00 | 吾作
<< 田んぼで見つけたフジの花 ごみを拾って魚の住みかを守ろう >>