榊原で涼を求めるならコチの谷
山に囲まれた榊原温泉といえども秘境とはほど遠く、低い山里の温泉です。
榊原川の源流は笠取山(青山高原の北の端)で標高840メートルほどです。
この谷を昔は「コチの谷」と呼んで、河内谷の名が付いていました。
その後、笠取山の稜線に東海自然歩道が設置され、そこへ接続する榊原自然歩道が開通し整備されてきました。
また最近は榊原温泉の散策道「花鳥風月」の風に道にも指定されています。
榊原最後の集落「別所」を過ぎると木漏れ日の自然歩道です。(以下写真)
左に河内谷川を眺めながらの散策は暑さを忘れます。

b0145296_13221044.jpg
b0145296_13222390.jpg
b0145296_13223425.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-07-13 06:00 | 吾作
<< コチの谷の名所は大滝小滝 梅雨の妖精か >>