あざみの歌
丸っこいアザミの花にミツバチがせっせとお仕事をしています。
昭和期の作詞家「横井 弘」をご存じですか。
ずいぶんたくさんの歌を作られてこられました。
三橋美智也の「哀愁列車」は昭和生まれの人には懐かしい。
最初に世に出た歌が伊藤久夫の「あざみの歌」だったのです。
戦後、戦地から復員してきた横井さんはまだ若く、家族が疎開していた信州でアザミの花に自分の理想女性を重ね合わせ、この歌が出来たそうです。

♪ ましてこころの花園に
  咲きしあざみの花ならば・・・


知っている人は口ずさんでください。

b0145296_8503491.jpg
b0145296_8505267.jpg
b0145296_851454.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-05-22 06:00 | 吾作
<< 栗は葉っぱも美味しいよ 野は花盛り >>