青い実や花がかわいい
今日は旧暦の1月1日、旧正月(旧元日)です。
中国を始めアジア圏では春節といって最も重要な祝日だそうですが、日本では暦に記されているのみですね。
なぜ日本では旧正月を祝わないの?それは簡単なこと、旧正月は休みじゃないからだそうです。
お正月が2回もあるのも変だしね。
二十四節季では大寒の内、まだ1週間はしっかり冬です。
そんな中でぬくぬくとしているのは私たち人間だけ、野では防寒具もなしで青い実や花が元気な顔を見せています。
榊原ではフキダマと呼んでいますが、ジャノヒゲの実。
そして小さなイヌフグリも直径4ミリの小さな花びらを開いています。
こんな句が見つかりました。
犬ふぐり 星のまたたく 如くなり(高浜虚子)
小さいながらも春を呼んでいるようです。

b0145296_943394.jpg
b0145296_9431460.jpg
b0145296_9432480.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-01-28 06:00 | 吾作
<< 寒を乗り切る柿の古木 フキノトウもぷっくり >>