この寒空にかんこ踊り?
すっかり晴れ上がった西の空には笠取山の風車が、北の空には経が峰の雪化粧が見えます。
これは昨日のこと。
明日は二十四節季の「大寒」、寒い朝です。
榊原第一区の宝林寺では寒こ踊りならぬ伝統の「かんこ踊り」の寒稽古です。
これも伝統の「とりめし」でお昼をとり、小学校へ向かいました。
榊原小学校の地域学習の中に、市の文化財である榊原のかんこ踊りを取り入れ、子供たちに見てもらうことになったのです。
時間は午後1時10分から55分までの45分間です。
リハーサルなしのテレビ番組みたい・・・
小学校の体育館に全児童63名と先生・地域の人たち200名弱が集まりました。
まず校長先生と第一区かんこ踊り保存会会長の奥山さんから説明があり、過去に踊られたビデオを観賞して、宝林寺で練習していた踊り子さんたちの実演がありました。
終わって子供たちからの質問を受け、また子供たちに「かんこ踊りに参加したくなった子はいますか?」の呼びかけに、10人余りが手を挙げ大いに成果のあった学習会でした。

b0145296_16413964.jpg
b0145296_16414967.jpg
b0145296_1642062.jpg寒こ踊り?
b0145296_16422138.jpgとりめし
b0145296_16423249.jpg校長先生
b0145296_16424561.jpg
b0145296_16425770.jpg
b0145296_164378.jpg奥山会長
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-01-19 06:00 | 吾作
<< 雨乞いを伝える踊り歌 タンポポの笑顔 >>