榊原川の沈下三橋
沈下橋(ちんかばし)は沈み橋や潜り橋とも呼ばれ、増水時には水面下に沈んでしまう橋のことを言います。
榊原川で探してみると三つ見つけました。
でも吾作の子供のころには単に板橋でした。
大水が出ると橋も流してしまいます。
そのために「橋山」が指定されていて、橋が流れたらその山で木を切ってまた橋を架ける。
大水で橋の上を水が流れても壊れなくなったのは、戦後だいぶん経ってからのことで、板橋からコンクリート橋になりました。
それが最近(?)沈下橋というしゃれた名前で呼んでいます。
中ノ山に架かる沈下橋は、中ノ山の子供たちの水浴び場でした。
ドジョ川の沈下橋も、フリダンやヒロの子供たちの水浴び場でした。
それが学校にプールが出来ると危険場所に指定され「よい子はここで遊ばない」の立て札が建つようになって、子供たちの川遊びに終止符がうたれました。

b0145296_10302961.jpg中ノ山上
b0145296_10304113.jpg中ノ山下
b0145296_10305821.jpgドジョ川
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-12-16 06:00 | 吾作
<< 赤い実は小鳥への合図 草は枯れて子孫を残す >>