霜がきれいな縁取り
ご存じですか、今日は「正月事始め」です。
また「すす払い」とも言うそうです。
お正月の年神さまをお迎えする、その始めの行事がすす払いなのです。
そしてきれいになったところで、お餅つきや門松を飾るのです。
昔の人は丁寧に新年を迎えたのですね。
師走の日の出は遅く、榊原では7時ごろやっと東の空に朝日が顔を出します。
まだ朝日の当たらないところでは霜がきれいな縁取りをしています。
そして夜明けの空にはセントレアを発着する飛行機雲がまた寒そうです。

b0145296_19262528.jpg
b0145296_19263847.jpg
b0145296_1926487.jpg
b0145296_1926585.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-12-13 06:00 | 吾作
<< 冬に咲いてるタカサゴユリ あちらこちらに秋の名残 >>