越後高田に榊原康政公を求めて
徳川四天王で名を知られた榊原康政公を祭神とした「榊神社」が新潟県上越市にあります。
榊神社は榊原氏が大名に終止符を打った越後高田城跡に隣接しています。
先日、9日と10日の2日間、関心を持つ仲間と出かけました。
長野県から新潟県にかかる妙高高原あたりでは気温は0度、雪が舞う中を車を走らせました。
上越市はすっかり紅葉が進み、きれいな紅葉は春日山公園です。
旧高田藩和親会の方々のお出迎を受け榊神社の参拝。
そして貴重な宝物も拝見できました。
康政公像、康政公の書、説明を受ける刀は榊原康政公が徳川家康から拝領したもので榊原家の重宝です。
高田城は堀が残るのみですが、三層の角櫓が復元されています。

b0145296_21171919.jpg
b0145296_21173499.jpg
b0145296_21175088.jpg榊神社
b0145296_731870.jpg康政公像
b0145296_21181735.jpg康政公書
b0145296_21182913.jpg宝刀
b0145296_2118452.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-11-11 06:00 | 吾作
<< 江戸時代の榊原温泉のセキュリティー 道の駅でも榊原温泉をご案内 >>