大きな草「バショウ」
大きいので木かな?と思ってしまうけど草だそうです。
毎年枯れてはまた大きな葉が出てきます。
大型の多年草だそうです。
夏に花の根元から小さなバナナが生るのですが、食べるまでには実りません。
冬支度で掃除をされているとき雄花の残骸だけが残っていました。
バショウは芭蕉さんです。
江戸にいた松尾芭蕉は、深川の自宅の庭にあったバショウを自分の俳号にしたと言われていますね。
芭蕉さんと縁の深い榊原温泉にはバショウが多く観られます。

b0145296_8241424.jpg
b0145296_824269.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-10-31 06:00 | 吾作
<< 柚子が出番を待っている 足元のお宝 >>