ますます熟れてきた里の柿
お店の店先には旬の柿や早生のミカンが並んでします。
榊原の里には生るにまかせて秋を彩っています。
子供のころは食べ物もなく、ほとんどの柿は食べ尽くされていました。
でも木で熟した柿は本当に美味しいですよ。
ぽいっともいで、ズボンでこすりかぶっと噛みつく。
そして歯でうまく皮を残してポイ。
懐かしい食べ方ですが、まだ出来ますよ。

b0145296_1034699.jpg
b0145296_10342086.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-10-21 06:00 | 吾作
<< 80年前の石垣がまだ健在 ソリの案山子 >>