雨に濡れるヒガンバナ
今日は秋分の日。
そして秋分、彼岸の中日です。
榊原の里ではご先祖に感謝、花を持ってお墓参りが目立ちます。
またこのころお寺では彼岸会(ひがんえ)の法要があり、お経やお説教を聞かせてもらいます。
彼岸とは彼(か)の岸のことで、向こう岸に極楽浄土があるなど、ありがたいお話ですよ。
そしてふさわしい花がヒガンバナ。
今年は台風の影響て連日の雨、水晶でおしゃれをしたようなヒガンバナです。

b0145296_17535750.jpg
b0145296_16531148.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-09-22 06:00 | 吾作
<< 秋の形を整えたハナミズキ なんとか去った16号 >>