清少納言も見た風景?榊原の古代米
今日9日は五節句のうちの一つ「重陽の節句」、旧暦では菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも呼ばれます。
旧暦だと10月9日になりますね、菊には早いと思った。
榊原では古代米の穂が赤く出穂が続きます。
清少納言枕草子の中に

八月つごもり (第227段)
・・・男どもの、いと赤き稲のもとぞ青きを持たりて刈る(男たちが、とても赤い稲の根元だけ青いのをつかんで刈っている)・・・

とあり、清少納言が温泉に浸かったあと、この田んぼを見てたのでしょうか。まさか

b0145296_1014172.jpg
b0145296_1002945.jpg
b0145296_1004110.jpg
b0145296_1074191.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-09-09 06:00 | 吾作
<< ススキが十五夜さんを待ってます 展望を楽しむシラサギ >>