三月十日(みつきとおか)咲く赤い花
かっと暑く夏の太陽が照りつけると、サルスベリの花がまぶしく咲きます。
100日も咲き続けることから百日紅(ヒャクジツコウ)とも言うんですね。
あまり花が多いのでハナバチが目移りするのか落ちつきません。
このハナバチはクマバチ(熊蜂)です。
名前は恐いけど恐くない蜂で、カメラを近づけると「どうぞどうぞ」と場所を譲ってくれます。
「邪魔してゴメンね、花と一緒に撮すよ...パチリ」
こんな会話が出来るクマバチでした。

b0145296_15291067.jpg
b0145296_15292250.jpg
b0145296_1529344.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-08-05 06:00 | 吾作
<< シオカラトンボは男の子 ピンクのシタマガリ >>