ウナギは自分で捕り自分でさばいた
今日は土用の丑の日、別名ウナギの日と言われるぐらい特別にウナギ消費量の多い日です。
ウナギも少なくなり捕ってはいけない、でも食べたい。
昔は大人も子供も川でウナギ捕りをよくしました。
「もんどり」という竹を編んで作ったウナギ捕り、「流し針」「穴釣り」が主な捕獲方法でした。
捕ったうなぎは子供だって自分でさばく、そして焼く。
谷川でも捕れたけど小振りだ。
大きな川は大きいウナギがいる。
一緒に生活していたウナギたちも、里の川での生活が出来なくなった。
ウナギも過疎化ですか?

b0145296_11175858.jpg
b0145296_11181022.jpg
b0145296_11203313.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-07-30 06:00 | 吾作
<< すくすく伸びる元気な稲 なんでモミジなの? >>