どなたのお墓か
榊原川に架かる花掛橋の左岸、砂風呂の砂羽の前です。
たくさんの墓石がまとめられています。
自然石に刻まれた年号を見ると享保(きょうほう=1716年から1735年まで)や宝暦(ほうれき=1751年から1764年まで)が読み取れます。
昔、庄屋さんだった山川家のお墓とも言われています。
4枚目の写真は昭和の初め、川向こうに新温泉の屋根が見えます。
右に貝石山、遠くには笠取山が見えますね。
で、その位置から撮してみましたが竹が大きくなって向こうは何も見えません。
でもお墓は変わらず、きれいに手入れをされています。

b0145296_1172314.jpg
b0145296_1173410.jpg
b0145296_117459.jpg
b0145296_1175361.jpg
b0145296_118751.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-07-14 06:00 | 吾作
<< 夏本番みたい 今年もフウランが満開 >>