榊原川の清流
榊原川は笠取山を源流とする一級河川です。
小さいのに?と思うけど、さらに流れて下流は雲出川に注がれます。
貝石山のふもとは唐戸淵(からとぶち)と呼び、このあたりから旅館が神湯館、湯元榊原舘、清少納言と流れに沿って並びます。
江戸時代はこのあたりの川を「御湯之瀬」と呼び、湯之山八景の一つに選ばれていました。
その名前が今も残り榊原川の一部を「湯の瀬川」と呼んでいます。
写真は旅館のお部屋から眺められる清流です。

b0145296_11164942.jpg
b0145296_1117670.jpg
b0145296_11172227.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2016-07-10 06:00 | 吾作
<< 榊原の大滝に大蛇がござる チョウチョも初物ハギの花 >>