彼岸の入り
彼岸(ひがん)は雑節の一つで春分・秋分を中日とし、その前後3日の一週間でお寺では彼岸会法要など行われます。
それに併せたように咲くヒガンバナもこの彼岸から名が付いたとされています。
今日はその彼岸の入り、初日です。
ヒガンバナもお寺の鐘突堂を見ようと背伸びをするのもあれば、雑草をかき分け咲いているのもあります。
でも畦や土手に整列して咲くのがいかにもヒガンバナらしい。
で、また今日9月20日は「空の日」知ってますか?
「空の日(そらのひ)は日本で制定された記念日で、9月20日である」と書かれています。
お天気のことかな?と思ったら、昭和15年(1940)に制定された「航空の日」が平成4年(1992)に「空の日」に改称されたんですって。
日本の記念日でも祝日にならないのね。

b0145296_1616181.jpg
b0145296_16163825.jpg
b0145296_16165814.jpg
b0145296_16174395.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2014-09-20 06:00 | 吾作
<< 古代米の穂が田を染める ゆっくりと過ぎる秋の日 >>