イナゴも最後の追い込み
今年の夏は台風11号が去ってからも少しは雨が降る、そんな毎日が続き日照時間も短く稲の穫り入れが例年より遅くなっています。
喜ぶのはスズメとイナゴ。
朝日が当たり出すと朝食タイムなのか田んぼは賑やかになります。
ダイニングは稲田、ロビーは農道のようです。
吾作が歩くとたくさん子供のイナゴが飛び立つ。
カメラを向けようとしても稲の中に逃げ込むとさっぱり分からない。
すると親イナゴが吾作の手のひらにぶつかるように飛んできて、こっちだよと教えてくれた。
よく見ると、います。いるいる・・・
動くなよ、っと撮してやりました。

b0145296_11582212.jpg
b0145296_11585749.jpg
b0145296_11591069.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2014-09-03 06:00 | 吾作
<< 榊原にも町あり沖あり ヤマボウシの実 >>