淡い緑に白い花
やさしい太陽に淡い新緑が榊原の里を囲んでいます。
小さな垣根に白い可愛い花を咲かせているのはドウダンツツジです。
一つひとつをよく見るとつぐんだつぼみが咲いても控えめ、密を吸う虫たちも苦労するでしょう。
同じ白い花でもアケビは開くとずいぶんな様変わり、虫たちに大サービスです。
アケビというと秋にあのどてっと重そうな実がなるのですが、花は小粒でなかなかの貴賓な装いです。
ドウダンツツジは自然生えも山で見かけますが、垣根などには苗屋さんでまとめて買ってきます。
アケビは断りなしに裏の空き地に出没しています。
いずれも春の里を演出する可愛い花です。

b0145296_916048.jpg
b0145296_9161310.jpg
b0145296_9162757.jpg
b0145296_9163137.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2014-04-13 06:30 | 吾作
<< トカゲのお目覚め 端午の準備で鯉泳ぐ >>