ビワの新緑
榊原にはビワの自然生えがたくさん見られ、いま新しい芽がにょきにょき出てきました。
ビワは美味しいけど実の割には種が大きい、新芽もこんなに大きいのです。
でも葉の割には実が小さい。
ダイナミックな植物ですから外来種かなと調べてみると、日本に入ったのは古代とされ、たいへんな歴史を持った木なんですね。
榊原の温泉とどちらが古いやら。

b0145296_955310.jpg
b0145296_942835.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2014-04-10 06:30 | 吾作
<< 桜に負けじと新緑進む みごとに咲いた「のぶくに桜」 >>