みごとに咲いた「のぶくに桜」
ある人が先日榊原に来て「桜の名所にはよく行くけど地域全体に楽しめる榊原の桜はきれいですね」と思いがけないお褒めの言葉を聞いて吾作も嬉しくなりました。
農免道路の尺ケ寺橋から下流の榊原川沿いに植えられた桜が年々よくなって、東から榊原に来られる人たちはこの通称「のぶくに桜」を見て、きれいと思われるのでしょう。
1区ののぶくにさんが植樹や手入れなど尽力され、誰言うとなく地元ではその名が付いています。
最初の1枚目は手前に少しのぶくに桜を入れて金比羅山を眺めました。
それから4枚はみごとに咲きほころぶのぶくに桜です。
そして昨日は1区老人クラブの総会が桜の下で行われていました。
場所は下村教育集会所で、ここの桜ももう40年です。

b0145296_21111455.jpg
b0145296_21114089.jpg
b0145296_211289.jpg
b0145296_21122017.jpg
b0145296_2112182.jpg
b0145296_21124919.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2014-04-09 06:30 | 吾作
<< ビワの新緑 8人のピカピカ1年生 >>