すいすいごんぼとぽんぽん
春眠暁を覚えず、ではないけど昨夜は
夜来風雨の声 花落ること知る多少、でした。
今朝の写真は一昨日に撮したもので春らしく・・・

始めに・・・
カタカナで書くと学名のようになるので
あえて「すいすいごんぼ」です。
春が近づき田の畦がまだ枯れ色しているころから
大きな葉っぱを出して一番乗りに顔を出すのが
「すいすいごんぼ」です。
図鑑やなんかで調べてみると
「スイパ」とか「ギシギシ」と説明してあります。
酸い葉とか葉をこするとギシギシと音が出るという。
またギシギシはスイパよりも大型と区別されていたり・・・
でも榊原ではすべて「すいすいごんぼ」なのだ。
子供のころ、あの茎をかじったら酸っぱかった。
そしてごんぼ(ゴボウ)に似ているから「すいすいごんぼ」
じきに、すいすいっと伸びるから「すいすいごんぼ」
語源は分かりませんが「すいすいごんぼ」なのです。
いつも身近なすいすいごんぼ。

b0145296_750237.jpg
ぽんぽん

次に・・・
これも「ぽんぽん」なのです。
イタドリともいいますが「ぽんぽん」です。
若いうちの折ると「ぽん」といってきれいに折れます。
たくさん種類があるのか、細く小さいのから
背丈より大きくなるやっかいなぽんぽんもありますが
適度なずんぐりとしたぽんぽんは食べられます。
榊原ではあまり食用にはしていませんが
イタドリの調理法などもたくさん紹介されていますね。
昔の子供はぽんぽんでよく遊びました。
短く切って、両切り口を細かく切り込みを入れ
水につけておくと切り込み部分が反り返ってきて
細い棒を軸にすると、かわいい水車のできあがり。
また女の子はままごとの材料になります。
うっかり側にいると食べさされます。
そういえば「すいすいごんぼ」もままごとの材料でした。

b0145296_7515487.jpg

/追記/また雨が激しく

今日は一日雨のようで、また激しく降り出しました。
外に出るのもいやだし
玄関のヤマボウシの枝にたまる水滴を眺めていると
宝石のようです。
カメラを構えてシャッターを切ったら
水滴がおびえたのでしょうか
小枝から離れた瞬間です。
このヤマボウシも小さなつぼみをたくさん付けています。
いつごろ咲くのかなー。

b0145296_7524424.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-04-21 07:53 | 吾作
<< この雨で榊原も フキノトウは今・・・ >>