きれいなタカサゴユリも侵入生物
今日は暑気退かんとする二十四節季の処暑(しょしょ)です。
といっても暑いですね。
里にはタカサゴユリがきれいな白い花を咲かせています。
でもこれは台湾からの侵入生物だそうです。
別名をホソバテッポウユリ, タイワンユリなど和名があります。
国立環境研究所ではウイルス媒介があったり、在来植物が影響を受けるとして緑化資材にしないようにと呼びかけています。
ちょっと嫌われていますが、きれいなタカサゴユリさん。

b0145296_9144756.jpg
b0145296_9145878.jpg
b0145296_9151169.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-23 06:00 | 吾作
ウリハムシがカボチャの花を
ウリハムシが発生しやすい野菜は、カボチャ、キュウリ、スイカ、ズッキーニなどだそうです。
葉脈を残して葉を円弧状に食害し、葉を穴だらけにします。
花はやわらかいので全部食べられるようですね。
食べ過ぎて蜜がお尻からこぼれそう。
でもカボチャもたくましく、ちゃんと実を付けています。
でもこれからの注意はサルにかじられないことです。

b0145296_10425316.jpg
b0145296_104357.jpg
b0145296_10431480.jpg
b0145296_10432537.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-22 06:00 | 吾作
取り入れ前には道の「であい」
昨日は日曜日でお天気もよく残暑の秋晴れでした。
榊原の各地では稲刈りを控えて、みんなで道をきれいにします。
山道、里道の「であい」です。
「であい」とは、みんなが出会って共同作業のことです。
自分たちが通る道は自分たちで道路整備をするのです。
幸い吾作の持ち場は草刈りだけで終わりましたが、午前午後と汗だくです。
日本一人口の多い東京など、みんなで出会えばオリンピック道路などすぐ出来ちゃいますよ。

b0145296_142615100.jpg
b0145296_10215682.jpg
b0145296_1022862.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-21 06:00 | 吾作
また榊原温泉にお越しください
今年の夏はたくさんのお客様で榊原温泉は賑わいました。
お盆を過ぎても往く夏を名湯「ななくりの湯」でお過ごしいただき、ご満足いただけたでしょうか。
「ぬる湯」が特徴の榊原温泉で、よりお肌がしっとりされたのではないでしょうか。
このところ、またバス事故がテレビで報じられていますが、どうかご無事でのご帰宅をお祈りいたします。
ぜひまた、また榊原温泉にお越しくださいませ。

b0145296_911564.jpg
b0145296_912919.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-20 06:00 | 吾作
榊原の米で育つ榊原っ子
田んぼの稲もよく実ってきました。
そろそろ稲刈りが始まります。
榊原では昔から集まりがあるとトリメシが一番のご馳走。
たくさん食べて元気に育ちます。
榊原一区のかんこ踊りの練習もいよいよ大詰めで、子どもの太鼓に合わせて頑張ります。
もちろん元気の源は榊原のトリメシです。

b0145296_1585978.jpg
b0145296_1591547.jpg
b0145296_1523050.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-19 06:00 | 吾作
モンシロテフとシロモンノメイガ
白いチョウと黒いガです。
昔は蝶々をテフテフと書いて「ちょうちょう」と読みました。
昭和21年(1946)に当用漢字が採用されテフテフは消えました。
当用漢字も昭和56年(1981)に消え、常用漢字となりました。
でも「ちょう」と書くより「てふ」の方が文字数も少なく合理的ですよね。
そんなことを思っていたら、車のフロントガラスに黒い蝶がぺたりと張り付いています。
運転席からパチリと撮してから調べてみると・・・
シロモンノメイガと分かりました。蛾(ガ)だったのです。
広げた羽根は2センチぐらいの小さなきれいなガでした。

b0145296_1045232.jpg
b0145296_17253028.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-18 06:00 | 吾作
アゼマメも大きくなりました
アゼマメは田の畦を使って収穫する大豆のことですが、最近はめっきり少なくなってきました。
昔は家族の多い、子どもだって5〜6人はざらでした。
食料もたくさん要ります。
畑はキュウリやナス・ナンバなどに占領させるために、大豆は田んぼの畦での収穫が普通でした。
未成熟で青いエダマメとは違ってしっかり実らせます。
大豆を収穫した豆殻はお風呂の追い炊き・・・は昔の話。
たまに見かけるアゼマメが昔のことを思い出させてくれます。

b0145296_12475766.jpg
b0145296_12481053.jpg
b0145296_12482499.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-17 06:00 | 吾作
お盆過ぎればお彼岸ですね
お彼岸には少し早いけどヒガンバナの仲間でナツズイセン(夏水仙)です。
別名をリコリスとも言い、これは花がとても美しいことから、ギリシャ神話の海の女神Lycoris(リコリス)になぞらえてだそうです。
古くに中国から渡来した帰化植物だとか、榊原の道ばたには最近の渡来です。

b0145296_11204470.jpg
b0145296_11205816.jpg
b0145296_11211050.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-16 06:00 | 吾作
カゾウさんがシラサギに
今日は終戦記念日です。
ぐぁ〜とB29爆撃機の音もなく、静かな榊原の里です。
かんこ踊りが大好きだったカゾウさんのお家の前の田んぼです。
カゾウさんもいないし、田んぼも水だけが静かに溜まっています。
今日はまたお盆で、カゾウさんもシラサギになってお里帰りでしょうか。
27日にかんこ踊りがあるよって、教えようと近づいたら飛んでいっちゃった。

b0145296_22355984.jpg
b0145296_16414577.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-15 06:00 | 吾作
平和な赤トンボ
終戦前、大日本帝国海軍の練習用飛行機は目立つようにオレンジ色だったことから、別名「赤とんぼ」と呼んでいました。
今は平和の赤トンボです。
田んぼの上でたくさん飛んでいます。
小さいのでなかなか写りません。
小さいからアカネちゃん(アキアカネ)は可愛い。
でもあまり近くで見ない方がよさそうだ。

b0145296_22314950.jpg
b0145296_22321626.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-14 06:00 | 吾作