お米六俵石突き祝い
昔、家を建てるときは柱を支える礎石を固めるために、垣内(かいと=近所)の人たちが集まって「石突き」をしました。
この写真は普通のお宅ではない、かなりの大がかりです。
後ろにたくさんの人が乗っているのが石突きの大櫓(やぐら)です。
かすかに見える後ろの山はヨメオトシのようです。
榊原第一区の真宗高田派圓浄寺の石突きに大勢の檀家が集まっての記念写真です。
圓浄寺のお堂が完成したのが昭和11年(1936)と聞いていますので、それより数年前の写真でしょう。
積み上げられた米俵には「第四区」とありますので、四区の檀家さんが提供されたのようです。
石突きのあとは豆ご飯が振る舞われる習慣です。
このときもこのお米を使った豆ご飯だったのでしょうか。

b0145296_19154041.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-29 06:00 | 吾作のものしり箱
赤きもの二つ
初夏を緑とすると、秋は赤ですね。
紅葉にはまだ早いけど。
湯の瀬フラワーガーデンでは赤く染まった古代米。
また西の山には夕日が落ちる赤い空。
赤を楽しみに榊原温泉にお越し下さい。

b0145296_19403226.jpg
b0145296_19404665.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-28 06:00 | 吾作
エノコログサも花盛り
昨日もパッとしないお天気でした。
いま道ばたにはエノコログサ、またの名をネコジャラシは可愛い穂に花を咲かせています。
いかにも猫がじゃれつきそうな穂がいっぱいです。
秋の七草でススキをオバナ(尾花)と言いますが、こちらの方が尾花にふさわしそうですね。
野の草も少しずつ秋色です。

b0145296_9131668.jpg
b0145296_9133586.jpg
b0145296_9134596.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-27 06:00 | 吾作
またこの花は妖精のよう
ちょっとミョウガに似ているけど、葉っぱを見ると生姜(ショウガ)です。
白色ジンジャーですが別名を花縮砂(はなしゅくしゃ)と言うそうです。
近くの雑草の中に一輪と輝く妖精のようです。
ジンジャーの花言葉はいいですよ。
「豊かな心」「あなたを信頼します」「慕われる愛」だそうです。

b0145296_832196.jpg
b0145296_833279.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-26 06:00 | 吾作
今日は「彼岸明け」です
彼岸(ひがん)は日本の雑記(行事)の一つで、春分・秋分を中日として前後3日を合わせた7日間を呼んでいます。
で、今日がその最後というわけです。
この時期に咲く、赤い花がヒガンバナ。
曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも言いますね。
曼珠沙華と聞くと戦前戦後によく歌われた歌「長崎物語」を思い出します。

♪ 赤い花なら曼珠沙華
 オランダ屋敷に雨が降る
 濡れて泣いてるジャガタラお春・・・


この歌は悲しい歌なのです。
寛永の時代ですが、時の幕府の鎖国政策の一つ混血児追放令のため、長崎にいた混血児たちはインドネシアに追放されました。
その中に長崎で生まれ育った生粋の日本の心を持った女の子、お春がいたのです。
お春は青い目をしていたばっかりに・・・
お春の目に残ったのが曼珠沙華、ヒガンバナだったのですね。
ジャガタラというのは現ジャカルタのことです。

b0145296_844212.jpg
b0145296_10152361.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-25 06:00 | 吾作
わが家へ侵入のアメリカアサガオ
毎年お隣さんからフェンスを乗り越えお越しいただいているアメリカアサガオ。
アメリカアサガオは「侵入生物」に登録されており、侵入が得意のようです。
いつ日本に侵入したか調べてみると・・・
江戸時代末期に観賞用に持ち込まれた。また、戦後の輸入食料に混じって持ち込まれた。
ということで、吾作より古いかも知れない。
侵入してきれいな花を咲かせているのは昨日の朝です。
3枚目の写真は夕方撮したもので、晩酌の度が過ぎたのか、赤い顔してツルにくだを巻いているよにも見えます。

b0145296_16263225.jpg
b0145296_16264781.jpg
b0145296_1627322.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-24 06:00 | 吾作
秋の形を整えたハナミズキ
紅葉の前にハナミズキは赤い実を付け、来年の花の準備もできました。
小鳥たちに運んでもらうため目立つ赤い実し仕上げています。
またつぼみは寒い冬に耐え得るように小さめにしておこう。
そんな準備をしているハナミズキをじっと見ているアマガエル。
このまま紅葉すればアカガエルになるのかな?

b0145296_17442317.jpg
b0145296_17443657.jpg
b0145296_17444770.jpg
b0145296_17445896.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-23 06:00 | 吾作
雨に濡れるヒガンバナ
今日は秋分の日。
そして秋分、彼岸の中日です。
榊原の里ではご先祖に感謝、花を持ってお墓参りが目立ちます。
またこのころお寺では彼岸会(ひがんえ)の法要があり、お経やお説教を聞かせてもらいます。
彼岸とは彼(か)の岸のことで、向こう岸に極楽浄土があるなど、ありがたいお話ですよ。
そしてふさわしい花がヒガンバナ。
今年は台風の影響て連日の雨、水晶でおしゃれをしたようなヒガンバナです。

b0145296_17535750.jpg
b0145296_16531148.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-22 06:00 | 吾作
なんとか去った16号
台風で被害の遭われた地方の方々にお見舞い申し上げます。
台風16号は昨日午後4時ごろ、このあたりを通過したみたい。
榊原温泉はいつものとおりです。
でも川を見ると、あっ台風だ!って感じます。
写真は貝石山のふもとを流れる湯の瀬川の風景です。
『増水した川を見に行かないように』「はい」

b0145296_14322063.jpg
b0145296_14323796.jpg
b0145296_14325048.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-21 06:00 | 吾作
いい色のメダルがほしい
昨日は榊原小学校秋季運動会・第31回地区民体育祭が小学校で開催されました。
本当は18日の日曜日だったのですが、あいにくの雨で1日延びました。
大会プログラムは小学校の児童の競技から始まり地区民へと移ります。
全部で23種目ありましたが、写真はその中の一部です。
その写真でお楽しみ下さい。

b0145296_14273060.jpg
b0145296_14274597.jpg
b0145296_1428598.jpg
b0145296_14282020.jpg
b0145296_14283323.jpg
b0145296_14284580.jpg
b0145296_14285798.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2016-09-20 06:00 | 吾作